Microsoft 系のあれこれ

港区の SIer で よくわからんことをしている SE みたいな人です。Xamarin 中心です。

Visual Studio 2017でXamainのUpdate Channelを切り替える方法(というかVisual Studio 2017のインストーラーの仕組み)

Visual Studio 2015 では Xamarin の最新の機能を試したい場合、ツール⇒オプション⇒Xamarin⇒その他でチャンネルを切り替えることができました。
しかし、昨日リリースされた Visual Studio 2017 ではその設定がなくなっています。

Visual Studio 2017

f:id:ShunsukeKawai:20170309112803p:plain

で、どうするかと言うと、Xamarin 公式サイトに答えがありました。
Change the Updates Channel - Xamarin
ちゃんとすぐ更新されていて素晴らしいですね。
結論から言うと、Xamarin 個別にチャンネルを切り替えることができなくなり、Visual Studio 自体のバージョンにより Xamarin のリリースも制御されるようになったみたいです。

インストール手順

プレビュー版の Visual Studio インストーラーをダウンロード

Visual Studio Preview Release Notes
のサイトの以下のリンクからプレビュー版のインストーラーをダウンロードします。
f:id:ShunsukeKawai:20170309113900p:plain
※ このサイトには Visual Studio Enterprise 用のインストーラーリンクしかありませんが、別のエディションをインストールしたくてもそのままダウンロードしてください。

インストールしたいエディションを選択して実行

ダウンロードしたインストーラーを起動すると以下のような画面が開きます。
f:id:ShunsukeKawai:20170309115551p:plain
このまま進むと Enterprise 版になってしまうので、一旦右上の×で閉じます。
そうすると以下の画面になるので、好きなエディションを選択して、インストールに進みます。
f:id:ShunsukeKawai:20170309120422p:plain
その際にインストールのニックネームを付けることでどのバージョンかとかがわかるようできるみたいです。
f:id:ShunsukeKawai:20170309122949p:plain

ここで疑問

今回やりたいことは Xamarin の Update Channel を切り替えたいだけなのに VS 自体を別でインストールしないといけないとしたらディスク容量はすぐ一杯になってしまうでしょうよ。
インストールする対象を Xamarin だけにしてちゃんと開発できるのか?(上の画像は Xamarin だけを選んだ。容量3.98GB)
ちょっと私のディスク容量はすでにカツカツなので、どなたか確認したら教えてくださいm(_ _)m

Visual Studio 2017 のインストーラーの仕組み

今回からインストーラー自体がアプリとして自動的に更新されるような仕組みになったみたいです。
それぞれのエディションごとにダウンロードリンクは別で起動時の対象は違うけど上述の通り、全部選べる。
また、すでに製品版を既にインストールしている端末でプレビュー版のインストーラーを起動すると、インストーラーが更新されて以下のように製品版もプレビュー版も管理できるようになります。
f:id:ShunsukeKawai:20170309123908p:plain

そもそも、OS の「プログラムと機能」からは Visual Studio 2017 の変更が選べず、アンインストールしかありません。
ここにある Visual Studio 2017 は VS のことではなく、インストーラーを指すようです。(表示されているバージョンもインストーラーのバージョン)
f:id:ShunsukeKawai:20170309124225p:plain
インストーラーを使い捨てのモノでなくアプリとして作成することで、製品の更新や管理を統合的にできる仕組みになった感じですかね。

本来の目的は達成できてないけど、今日はここまで。